味噌で女子力アップ

日本人のキッチンの中って大豆食品であふれていますよね。
豆腐、豆乳、味噌、醤油、きなこ、おから、納豆・・・
テレビなんかでも、よく「健康食材」っていう感じで
豆乳やおからがピックアップされているのを見るんですが
実は、この中の「味噌」と「醤油」と「納豆」については
大豆食品なだけではなく「発酵食品」なんですよね。
なので、食材の持つ栄養素も、他よりうんと多いんです。

特に味噌は、栄養価が高く
大豆の持つ、イソフラボンが発酵することで
より吸収しやすいアグリコンの形になっていて
効果的にイソフラボンを取り入れ易くなってるんです。

イソフラボンは、女性ホルモンと似た構造を持っていて
体の中では、あたかも女性ホルモンのような働きをするので
乳がんを防いだり、肌を白くきめ細かくしたり
無駄毛の発生を抑えてくれたり
女性にはとってもありがたい成分なんです。

ただし、味噌は塩分が多いのが難点。

味噌を選ぶときは、できるだけ塩分の少ないものを選んだり
豆腐やお揚げなど、他の大豆製品も一緒にとると
塩分の取りすぎを抑えられるのでお勧めです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す