薬味でも綺麗に

綺麗になれそうな薬味と言えばみょうがですね。

みょうがは、一般的に食材というよりも
薬味として食べられることの多い食品です。
みょうががメインの料理というのはあまり聞きませんよね。

ですが、みょうがは数ある薬味の中でも
とくに栄養素がたくさん含まれていて
とても健康にいい食品なんですよ。

みょうがは、みずみずしい野菜ですが
そのほとんどが水分で、90%以上を締めています。
みょうがには、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC
カルシウム、カリウムなどが含まれていて
血行をよくしたり、汗が出るのを促すなど
体の新陳代謝をよくする働きがあります。

特に、ビタミンB2は
うなぎやレバーにも含まれるスタミナアップ食材で
夏のそうめんなどに薬味として添えることで
夏ばての解消にも効果があります。

みょうがは、その香りや歯ごたえなどの清涼感から
あるだけで涼しげに感じたり、
食欲を増進させてくれる食品なのですが
栄養価の面でも、夏の体にうってつけの成分を
たくさん含んでいるので、是非利用したいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す