夏と冬の入浴方法

お風呂が体にいいことは誰もが知る常識ですよね。

実は、バスタブにお湯を張って
のんびりお風呂に入るというこの習慣
日本以外の国ではあまり見られないことなのだそうです。

もちろん、スパやプールのような施設は
ヨーロッパをはじめいろんな国にあるのですが
自宅のお風呂でゆったりつかるような風習は
あまりないそうです。

そんな入浴ですが、夏と冬では
少し入り方を変えることで、より効果的なものになります。

夏は、お風呂で汗をかくのが効果的です。
冷房の効いた部屋にいることも多いと思うのですが
夏の期間に汗腺をきちんと働かせておかないと
体温調節が上手に出来なくなり
体のバランスを崩してしまうこともあります。

少しぬるめのお風呂にゆっくり入って
しっかりと汗をかきましょう。
半身浴をしても風邪をひきにくい季節ですので
心臓に負担をかけないように
ゆっくり半身浴をしてみるのもいいでしょう。

冬は逆に、リラックスさせる入浴方法が大切です。
夏よりも少し暖かめの温度で
体がぽかぽかするまで入浴しましょう。

また、湯冷めしやすいきせつですので
入浴剤を上手に使うのもいいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください