日中、パソコンに向かって仕事をしていることが多いので
どうしても足がむくんでしまいがちなんですよね。
むくみの原因として大きいのは
足の筋力不足と、塩分の取りすぎなどの食生活なのですが
デスクワークが多いと、足の筋力をつけるのはなかなか難しいですよね。

というわけで、食生活の面からむくみを考えてみましょう。

○塩分を取り過ぎない
むくみの最大の原因は塩分の取りすぎです。
とにかく塩分を控えることでむくみは大きく改善していきます。
日々の生活で意外と塩分を多く含んでいるのが
「漬物」「味噌」「醤油」の3大食品なんです。
この3つって、和食の基本ですよね。
むくみが気になる人は、お味噌汁やお漬物を控えて
野菜スープやサラダに代えてみるのもいいでしょう。

○カリウムを取る
溜め込んだ水分を抜くには、カリウムの摂取が効果的です。
カリウムを多く含む食材として、私がオススメしたいのは「バナナ」。
手軽にたくさん食べられるので、おやつ代わりにオススメです。
他にも、アボカドや納豆などにも多く含まれています。

笑うと健康にいいってよく言われますよね。
でも実は、美容にもいいって知ってました?

よく「顔いっぱいに笑う」なんて言い方をすることがありますが
笑うっていう行為は、顔の筋肉を使ういい運動になるんです。
思いっきり笑うことで、口元やほっぺただけでなく
顔全体の筋肉をダイナミックに使うので
トレーニングをするのと同じぐらい効果があるんです。

顔の筋肉が鍛えられると、顔の皮膚が垂れ下がるのを抑えることができます。
顔の皮膚がひきあがっていると、口角や目元、ほっぺたも上がり
全体的に顔の印象が若々しくなります。
また、顔の皮膚がひきあがることで、首の皮膚のたるみもなくなり
首のしわまでとれてしまうんだそうです。

たくさん楽しいことを経験して、たくさん笑う。
毎日イライラせずに、ニコニコして日常を過ごす。
それだけでアンチエイジングになるとしたら
こんな素敵なことってありませんよね。

笑顔でいると、家族や周りの人も気分がよくなるし
私もたくさん笑顔でいられるようにがんばろうかな。

私、旦那さんのおなかのぽにょぽにょを
ず~っともみもみしてるのが大好きなんですよね。
背中のやわらかいところなんかも
ふにふにしてるだけで幸せだな~って感じちゃいます。

でも、あんまり太ると、健康によくないので
少しご飯の内容を考えなくちゃいけないかなって思ってます。
だけど、うちの旦那さんって
ご飯を食べることが何よりも楽しみな人間なので
その楽しみを奪ってしまうことが心苦しいんですよね。
あと、ふにふにもぽにょぽにょもなくしたくないし。

それで、調べてみたのですが
実は、「すこしぽっちゃり」ぐらいの人のほうが
痩せ型の人に比べて、健康だというデータがあるらしいのです。
もちろん、内臓脂肪なども含めて
過度の脂肪は生活習慣病の大敵なのですが
無理なダイエットなどで体を飢餓状態にするよりも
少し脂肪をつけてたほうが、体にとってはいいことなんですね。

とはいえ、やっぱり太りすぎはよくないので
二人でウォーキングでも始めてみたほうが
健康のためにはいいのかもしれないですね。

最近、ちょっと足のむくみがひどいんです。

むくみは、体の細胞が、水分バランスを間違えて
いらない水分を溜め込んでしまった結果起こる症状です。
でも、水が溜まってるだけか~なんて思ってると
いつの間にか脂肪を溜め込んでしまって
立派な象足になってしまうことも多いみたいなんです。
むくみがむくみのうちに、改善することがだいじですね。

でも、一番大切なのは、むくみを起こさないようにすること。

むくみの原因には、肝臓や腎臓など、様々な病気が隠れていることもありますが
生活習慣が影響していることのほうが多いんです。

特に原因として考えられるのが「塩分のとりすぎ」と「下半身の筋力不足」。
とくに女性の場合、下半身の筋力不足が大きいようです。
足に流れた血液は、ふくらはぎなど足の筋肉と
歩くことによる足の裏への刺激などもあって、上手に上に流れるのですが
筋肉が少ないと、この作業がうまくできずに
水分が足に溜まってしまうことも多いのだとか。

最近足がむくむな~と思ったら、筋肉不足なのかもしれません。
かかとを上げる運動やウォーキングなどで
足の筋肉を上手につけてあげてください。

私、お肌がすぐ乾燥してしまう体質なので
冬は特に美容液や化粧水でのケアが欠かせないのですが
実は夏のお肌も乾燥しやすいって知ってました?

原因は、もちろん日焼け。

海やレジャーに出かけたときはもちろんですが
長袖のシャツで出かけても、曇りの日でも、室内でも
意外と紫外線って浴びてるんですよね。
なので、気付いてない間にも、肌は紫外線のダメージを受けてるんです。

ダメージを受けたお肌を放っておくと、
すぐにしみができたり、乾燥してしわの原因になってしまいます。
そんなときに一番大切なのが保湿なんです。

急激に日焼けした時は、ほてった肌をまず冷やしてあげてます。
日焼けは軽いやけどと同じことなので
まずは冷やして、細胞の炎症を抑えてあげることが大切です。
次に、保湿して水分をたっぷり与えてあげることで、
肌が自ら生まれ変わるための環境づくりをしてあげます。
肌の主成分は水ですから、水分がなくては何もできません。

安くてもかまわないので、とにかく水分ケア、保湿をしてあげることが
紫外線で弱ったお肌には一番なんです。

会社で若い女の子に
「先輩って、いつも姿勢が綺麗ですよね」
なんて言われちゃいました。
姿勢しか褒められないのは悲しいけど、
若い女の子に褒められるのは、同じ女性として嬉しいですよね。

これはお茶の先生をしていた祖母の話なのですが
姿勢の悪い人は、腹筋や背筋など、上半身の筋肉が衰えて
体全体をうまく支えられなくなってしまうので
内臓が悪くなり易いのだそうです。
実際、姿勢をよくすることで腹筋と背筋が事前に鍛えられるので
スタイルを維持したり、太りにくくする効果もあるんですよね。

そうはいっても、常に姿勢をよくするのって
最初のうちは辛いですよね。
私も子供のとき、「頭の上から一本線で吊るされているように」
なんて言われてずいぶん厳しくされましたが
それでも姿勢を保つのは結構しんどかった記憶があります。

白鳥が優雅に泳いで見える下で、足をバタバタさせているように
美しく見えるものは、しんどいものなんですよね。
逆に言えば、ちょっとしんどいぐらいじゃないと
人には美しく見えないってことなのかなぁ。
奥が深いですね。

たくさん食べたいけど、痩せたい。
ほとんどの現代人の願いですよね。

我が家は夫婦そろって食事の量が多く
以前は夕飯で、2人でご飯3合が当たり前でした。
でも、年とともにだんだん代謝が悪くなってきて
今までと同じ食事を取っていたら
夫がどんどんぽにょぽにょしてきたことに気付きました。

ご飯の量を3合から2合に減らして、
おかずも1品減らして頑張ってみたのですが
どうしてもそうすると、寝る前におなかがすいて
何か食べたくなっちゃうんですよね。

それってまったく逆効果。

そこで我が家では、
「鶏むね肉」と「根菜」を多く使うようにしました。
どちらもカロリーが低く、経済的にも使いやすく
なんといっても、噛む回数が増えるんです。

たくさん噛むことによって、満腹中枢が刺激されて
いつもより少ない量でも、満足感を得られるんですね。
鶏むね肉はパサパサするから・・・という方は
塩麹に漬けて2日ほど寝かせると、
ぐっとやわらかくなるので、オススメです。

おかげさまで今は、ご飯2合で少し残るぐらいになりました。
苦にならないダイエットって大事ですよね。

夏といえば、薄着の季節。
水着になったりすることも考えると
早くダイエットを始めないと
そろそろ間に合わなくなっちゃいますよね。

体重をただ落としたいだけなら
そんなに時間はかからないと思うのですが
大事なところは残して、取りたい脂肪を落とす
ボンキュッボンになるためのダイエットだと
どうしても時間がかかってしまいます。

ボンキュッボンになるためのダイエットにとって
もっとも重要なのはウエストです。次が足。
腰を回転させるように歩いたり、腰をひねったり
常に腰やウエストに意識を置いて行動することが大事です。
そしてデスクワークのときは、足を閉じて姿勢をよくする。

こうすることで、自然と無駄な脂肪だけが取り除かれていきます。

少し効果が出てきたら、同時にむくみと肌のケアも行います。
急に痩せて、皮膚がたるんでしまうと
せっかくダイエットしても老けて見えて台無しです。
また、脂肪が減っても、水分が溜まってしまえば
見た目がふっくらしてる状況にかわりはありません。

塩分を取り過ぎないように、
肌は常に乾燥させないように気をつけてあげましょう。

長袖のブラウスや、ストッキングで
お手入れを怠ってた冬の無駄毛ですが
半そでが多くなってくると
やっぱりどうしても気になっちゃいますよね。

全身を永久脱毛できれば
たぶんそれが一番楽で、一番綺麗なんだろうなって思うんですが
金銭的にそんなに毛にばっかりお金は掛けられないし
ビキニラインとか、エステの方は女性といっても
やっぱり人に見せるのはなにかと恥ずかしいし。
だからどうにかして、おうちでひとりで
無駄毛をできるだけ綺麗に処理したいんですよね。

一番楽でお金がかからないのは、やっぱり剃刀。
手軽で便利ではあるんですが、デメリットも多め。
肌は荒れちゃうし、生えてきた毛がチクチクして
肌触りがよくないんですよね。
だから、これは脇や顔にしか使えないかなぁ・・・。

手や足なんかの広い範囲なら、除毛クリーム。
剃刀よりは少しお金がかかるけど、
溶かしてなくすから、チクチクしてこなくて
彼氏に触られても、すべすべでいいんですよね。

ワックスやテープも手や足にオススメ。
除毛クリームと違って痛いけど
除毛ではなく脱毛なので、次に生えてくるのがゆっくりです。
人によってはだんだん薄くなることもあるみたいですよ。

 

夏が近づいてくると、気になるのは紫外線ですよね。
外に出ると、どうしても紫外線が気になるから
できれば肌を隠していたいけど
これから先長袖を着るなんて、それだけで拷問ですよね。

私は外に出る際は必ず日傘をさしていて
最近は若い人でも日傘を差す人が増えてますが
実は日傘だけじゃ防げない紫外線っていっぱいあるんです。

まず、反射光。
特に、コンクリートのような淡い色の地面は
太陽の光を反射し易いので、下からも紫外線がやってくるんです。
そして、夏はどうしても白い服を着ることが多いと思うんですが
白い服は太陽の光をたくさん反射してしまうので
結果お顔に紫外線がたくさん集まっちゃうんです。

さらに、室内のような日傘をさせない場所も重要です。
ビルやお店の窓には、紫外線をカット加工済みのものも多いのですが
実は見落としがちなのが電車の窓。
特に日向がわの座席に座っていると、通勤だけで真っ黒になってしまいます。

あんまりお肌に負担を掛けたくはないけど
やっぱり日焼け止めをいつも塗っておくのが
お肌には一番いいのかもしれませんね。